TV・スマホゲーム選手権 最近はスマホゲームがメインになるかも。

2014年11月26日

恋愛カタログ

Filed under: 未分類 — sensyu @ 15:54

私は「恋愛カタログ」という漫画が好きです。

中学生の時に友人宅に行った際、読ませてもらってから
ハマリ続きが気になって中古屋さんで出ている分だけを
全部買ってきて一気に読みました。

連載中だったので本誌の方も毎月買いみんなで
回し読みしていました。

初めての彼氏、デート、お泊まり、旅行
ライバル出前、ケンカ、距離を置く、初体験
妊娠騒動、家出、同棲、嫉妬、結婚など
ごくごく普通などこにでもあるようなそんな
恋愛漫画なのですがあまりにも自然に私の心の中に入ってきました。
私もこんな恋愛がしたいなと何度も思いましたし
すごく憧れていました。
現実にはそんなことはなくて漫画の世界って素敵だなって思いました。

登場人物たちのそれぞれが描かれており絵もとてもかわいく
かっこよくて何度も読みました。
社会人になってからはそれほど漫画を読む機会がなくなり
実家の本棚に飾っている状態で、たまにふとまた読みたくなります。

この恋愛カタログをみると、あの子の体は抱き枕というマンガを思い出します。

あの子の体は抱き枕をみると、また恋愛したいな、こんな風に出会ってみたいなと妄想ばかりが 浮かんでくるような心温まる漫画だと思います。
そんなこんなで、恋愛カタログとあの子の体は抱き枕をこれからも読んでいきたいです。

あの子の体は抱き枕 恋愛にも注目したいエロ漫画

2014年10月26日

エロアプリもやめどきが肝心

Filed under: 未分類 — sensyu @ 11:27

ファミコン、スーファミ世代なのでゲームは大好きです。が、やり始めると止まらない…。中高生の頃など夜になってもやめられず、部屋の電気を消して、光がもれないようにドアの隙間に毛布を置いて、イヤホンをしながら朝方までゲームをやっていた私です。さすがにこれはダメだと思い、長じてからはやりたいと思いつつも我慢してきました。結婚してからも夫がDS買おうよ、Wii買おうよ、一緒にやろうよと言ってくれますが、すべてNGを出してきました。しかしどうしても抗えなかったスマホゲームが…。DQです。無料だし、これならストーリーも短いし、と懐かしくなって1に手を出したところ、丸1日夢中になって即クリア。でもそのときはまだ週末だったからよかったのですが、調子に乗ってDQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)にまで手を出してしまったのです。こうなるともう夜も眠らず、通勤電車でもスマホを離さず、会社に入る直前まで歩きスマホ、昼休みはもちろん、外出してもスマホとにらめっこ…。しかしある日携帯本体が壊れ、アプリを開けなくなりました。データ移行のパスなども設定していなかったのでデータが引き継げず、泣く泣くかわいい子(モンスター)たちを手放したのでした。今にして思えばそれでよかったのです。10月に子どもが産まれるのですが、大きくなってゲームを欲しがったときが今から怖いです…。

最近はエロアプリをやりだすと止まらないのですが、課金制のゲームなのでマジでやめ時が肝心です。。

安全にエロアプリで遊べる! エロアプリ初心者入門

2014年10月16日

wiiuで家族が仲良くなれる

Filed under: 未分類 — sensyu @ 11:25

去年のクリスマスの子供がサンタさんにお願いしていた
wiiuを奮発して買いました。
最近子供たちと私と旦那がはまっているのはマリオカートです。
小さい頃から大好きだったマリオカートですが
本当にどんどん難しくなっている気がしますが、
子供と一緒にゲームをしてみんなで笑っていると幸せな気持ちになります。
マリオカートは裏技も多いしインターネットにつないでオンライン対戦などもできて
一人でも楽しめますが、子供のほうが確実に上手です。
あと、最近子供たちがかったのはジャストダンスというダンスのwiiuのソフトです。
へんてこな踊りで3人が踊っているのをみると噴出してしまいます。
一番したの4人目の三歳の子供も一緒になってまねっこしながら踊っています。
難しい踊りも多いのにそれをみているとみんなは踊っている雰囲気を出していて
上手にみえてくるのも不思議です。
家族で楽しくゲームをしながらおやつをたべ、ジュースを飲みながら
和気藹々と楽しい生活をおくっています。

一人のときはゲームよりもこういった漫画とかを読むのがいいですね。

孕ませ合法化 スマホで無料で読めるサイト

2014年8月31日

PSPをもらったのに・・・

Filed under: 未分類 — sensyu @ 09:45

久しぶりに、息子といっしょに実家へ帰省しました。
息子は子どものいない実家で、暇そうにしていました。
それで、弟が昔ゲームをしていたのを思い出して、「おっちゃんにゲーム持ってるか聞いてみたら」と息子に言ってみました。
そして息子がおっちゃんの部屋に行ったのですが、なかなか戻ってきません。どうなったのだろうと見に行きました。
すると、「友達の結婚式で、抽選に当たったやつ、あげる」と弟が息子に何かを渡していました。
それはなんと、PSPでした。息子は新しいゲームをもらって大喜びです。
さっそく箱をあけました。そして、説明書を見ながら設定をしていきました。
ところが、最初にしなくてはいけないバッテリーを入れることができません。何度も説明書を見て、間違っていないか確かめながら、バッテリーをセットしようとするのですが、きちんとカバーが閉まらないのです。
ずっと苦戦している私を見かねたのか、次は父がやってくれました。でも、できません。それで、弟にお願いしました。それでもできません。
それで、弟は、説明書に書いてある困ったときの電話番号に電話してくれました。
長い電話がやっと終わって、弟が説明してくれました。
このバッテリーは4年も放置されていたので膨張しているので、本体に入れようとしても入らないのだそうです。でも、もうPSPが古くて、このバッテリーは製造していないらしいです。なので、中古のバッテリーを探すとよいと言われました。
まさかこんなトラブルが起こるなんて、びっくりです。まだ新品なのに、もったいないことです。

2014年8月11日

パズドラで一躍有名になったガンホーは元々オンラインゲーム会社だった

Filed under: 未分類 — sensyu @ 15:40

スマホゲームの火付け役といっても過言ではない「パズル&ドラゴンズ」。3000万ダウンロードを突破してる今なお勢いが止まりません。このゲームをヒットして一躍ゲーム業界を牽引する存在となった企業ガンホーですが、パズドラ開発前は主にオンラインゲームを提供する会社でした。 提供していたタイトルは数多くありますが、その中でも一番ユーザー数が多かったのが「ラグナロクオンライン」でしょう。 現在主流の基本無料ではなく月額使用料が発生しますが、ゲーム内容はとてもシンプルで操作方法も簡単です。今までオンラインゲームどころかゲームそのものをほとんどしたことのないライトユーザーでも始めやすいのが特色です。 オンラインゲームは立体的なビジョンが多い中、ラグナロクオンラインは2Dの世界です。キャラクターがかわいらしく女性にも人気です。またアクションも2Dなので視点変更が連続しても気分が悪くなったりもせず快適にプレイできます。

そしてパズドラのパズルブームに乗っかってエッチな要素まで取り入れて大ヒットを狙っているゲームがパズルアンドドールズ。

こちらも70万人突破でかなり勢いのあるゲームみたいです。

パズドル 会員数70万人キャンペーン中!

2014年7月30日

いまだに遊べる、ドリームキャスト

Filed under: 未分類 — sensyu @ 11:25

ゲームが0円市場になった、なんていう話しを聞きますが。

やはりしっかりとゲームを遊ぶにはスマホやタブレットPCではいまいちではないでしょうか。
コンシューマー機と呼ばれるような、いわゆるおうちで遊ぶゲーム機本体。
コントローラーでビシバシボタンを叩いて遊ぶのが面白いと思います。

しかし、最新のゲーム機とゲームソフトを揃えるとなると、それなりにお金がかかりますね。

過去のゲーム機はほとんど捨て値で(一部プレミアがついているのもあるようですが)、売っております。
ファミコンやスーパーファミコンなどのレトロゲームも味がありますが、
是非おすすめしたいのは「ドリームキャスト」です。

まず、今のゲーム機にひけをとらないくらい、グラフィックが綺麗。
そして、ビジュアルメモリというサブ画面がコントローラーについている楽しさ。
これって、最近導入された「Wii」のニューモデルの元祖と言っていいんじゃないでしょうか。

ゲームによってはただの飾りなのですが、それこそゲームによってはかなりプレイに重要な情報ツールとなっていて、
他のゲーム機本体には無い遊び方の提案がありました。

ゲームソフトの数は少ないのですが、比較的質が高めのゲームが多いのも嬉しいところ。
特に「ソニックアドベンチャー」シリーズは一生遊べるくらい、内容がいいですね。
さくっとでも、じっくりでも。
また、「さくら大戦」も1~4がドリームキャストで遊べます。
このゲームの為だけにドリームキャストを用意してもいいくらい、いいゲームですよ。

なんとガツンと面白いゲームを、お金をかけずに遊びたいな! と言う方にお勧めです。

2014年7月24日

ドラえもん3のび太の町sosについて

Filed under: 未分類 — sensyu @ 19:57

私は子供の頃ドラえもんが好きでよくテレビで見ていました。テレビでは関連商品のcmがよく流れていてこのゲームのcmも流れていました。見慣れたのび太の町が空高くさらわれる様はインパクトが強かったです。そんなこのゲームを成人した今つい最近になって手に入れました。流石に古いゲームということもあって至らないところが多いですがグラフィックスは非常にセンスがよく64では最高クラスだと思います。性能が低く表現に強い制限がある中見事に綺麗なモデルを作っりあげたなと感動しました。また、3Dののび太の町を歩けるのも良かったです。難易度は低めで他の64のドラえもんのゲームがクリアできない人でもクリアできると思います。また妙に曲がかっこよくのび太の町は緊張感あふれる曲で緊張感を煽り、ボス戦の曲は最初聞いたときはあまりのかっこよさに笑いすら出てしまいました。また、古いゲームなので声優が昔の人のままでとても懐かしかったです。おまけで付いていたミニゲームは数が多く子供の頃なら友達と熱中できたでしょう。とても見事な出来なのでドラえもん熱が熱かった子供の頃にやりたかったなぁと少し悔しさもあります。

2014年7月18日

エースコンバット インフィニティ

Filed under: 未分類 — sensyu @ 16:48

最近やってるゲームはPS3のオンラインゲーム、エースコンバットインフィニティです。開始するのに購入などの課金無しでダウンロードするだけですぐに始められます。ゲームの内容は実在するジェット戦闘機(時々架空の物もあるが)で撃墜スコアを競いあうのですが、その対戦相手は世界中のプレーヤーたち。そんなプレーヤーたちと火花を散らしあうのは燃え上がります!使用出来る戦闘機は往年の名機、F4ファントム、ミグ21、F15イーグルや最新鋭のF22ラプターなど。イベントも定期的に開催していてオリジナルカラーリングの強力な戦闘機のゲットのチャンスもあるので初心者でも安心。実際のプレーは最高4人1チーム同士で対戦して撃墜スコアを競いあいます。またイベントで対人対戦でプレーヤー同士で対決も出来ます。各々が自慢の飛行機で飛び回るのはエキサイティングすること間違いなし。難点は受信状況が悪いとプレー中に通信が遮断されプレーがノーカウントされてしまう事。それ以外は満足に遊ぶ事が出来ます。戦いの空でいずれ会いましょう!

2014年7月3日

昔からやっているオンラインゲーム

Filed under: 未分類 — sensyu @ 08:24

MMORPGというやつで、βテスト版のころからやっているMaster of Epicというゲームがあります。
このゲームは、MMORPGの中でも珍しく国産のゲームで、最初はハドソンが作りました。
初めてやったMMORPGでもあり、なかなかに思い入れの深いゲームです。

さらに、レベル制ではなく珍しくスキル制でスキル上限が決まっているので、
自分でスキル調整をして、自由にキャラを作ることができます。

このスキル調整やどのスキルを取るかで、キャラがかなり変わってくるので
ある意味とても難しいのですが、とても奥の深いゲームです。

昔に比べたら、マップもかなり増えて
新しい人もとても増えたように感じます。

使えるキャラのパターンは4種族で、さらに男女があります。
なかなか細かい設定だなと思うのが、髪を洗わないでいるとハエが飛ぶようになったり
髪の毛が伸びてきたりします。

時代によって様々な戦闘ができるゲームで、
中には、PvPをやる時代もあります。
私は、対人戦は苦手なのでほとんどやりませんが、
好きな人は対人戦のためにスキル構成を考える人もいます。

そして対人系以外のゲームでオンラインゲームだとオススメは絶対君主と溺愛メイド。

一人でどっぷりとハマって遊ぶことが出来ますよ。

絶対君主と溺愛メイド

2014年6月27日

今までプレイした中で一番苦戦した「悠久幻想曲3」

Filed under: 未分類 — sensyu @ 11:14

今では懐かしい機種であろうプレイステーション。数あるゲームの中で、「悠久幻想曲3」は、いろいろな意味でやりごたえがありました。
このゲームはクリアするまでプレイ時間がとてもかかります。キャラクターの育成もコツを覚えるまで非常に難しく、一番いいエンディングを迎えるのが大変です。遊んでいた当時、書店で攻略本を探し回りましたが、結局見つからずにゲーム攻略雑誌を見ながら四苦八苦しました。
後にネットで調べたところ、「悠久シリーズの中で過去最高の難易度である」との感想を見たこともあります。
遊んでいるうちに登場するキャラクターたちを好きになってしまった私は、全てのイベントを見てみたいという欲求のままに長くプレイしました。
結局1冊の分厚いノートにストーリーの分岐やキャラクターたちの育成方法、サブイベントやメインイベントの起こる時間や内容を細かくメモし、長く夢中になったゲームとなりました。
また時間があればコツコツと遊びたいものです。

Older Posts »

Powered by WordPress